Now Loading...

  • house
  • reform
  • 2019

NIR

浅川の流れる落ち着いた住宅地に、施主が以前暮らしていた実家がある。施主の幼少時代過ごした建物への愛着を残したいという要望に応えた改修が求められた。それらは既存の柱や天井裏の小屋組みを残し、現しとすることで叶えながら、今のライフスタイルに合った間取りへと変化させた。特に仕切りの多かった1階は壁や戸を無くし、土間ダイニングと小上がりリビングの広々とした1Rとすることで、外からの光が部屋全体に届く、明るく開放的な空間となった。また、木組みのような形状の木造螺旋階段は2階天井裏の小屋組みへと繋がりを持たせてくれる。既存の材と新たに加えられた材が経年変化と共に馴染み、再び住まい手に愛着が持たれる家になることを願う。

作品名 NIR
所在地 東京都八王子
設計 彦根アンドレア
施工 和田工務店
階数 地上2階
敷地面積 67.25㎡
建築面積 29.81㎡
延床面積 59.62㎡
設計期間 2018.07-2019.01
工事期間 2019.01-2019.07
竣工 2019.07
撮影 彦根藍矢